あつまれどうぶつの森

カネのなる木!光る地面の使い方

light

Nintendo Switch専用ソフトあつまれどうぶつの森(あつ森)で、毎日ひとつ出現する光る地面。掘るだけではもったいない、この光る地面の使い方を解説します。

光る地面は1日ひとつ

地面が光っている場所は、毎日ランダムに島のどこかに現れます。スコップで掘ると1000ベルが手に入ります。そのあとAボタンやYボタンを押してしまうと、掘った穴を埋めてしまうので気を付けましょう。埋めたら最後、光る地面には戻りません。

おカネを埋めるとカネのなる木が育つ

もちものを開いて、所持金にカーソルを合わせてAボタンで、上の画像のように任意の金額のベル袋を作ることができます。のちほど解説しますが、基本的には10000ベルを埋めるのがいいでしょう。

穴に埋め終わったらあとは成長を待つだけです。木は水やりの必要もありません。

おカネが回収できるのは4日後

木が成木になれば、木をゆすってベル袋を回収しましょう。10000ベルを埋めた場合、ベル袋ひとつが10000ベル、合計で30000ベル回収できるはずです。

金額は10000ベルがオススメ

光る地面に埋める金額は10000ベルにするのがオススメです。なぜかというと、10001ベル以上埋めた場合、木になるベル袋の金額が高確率で10000ベルになってしまうからです。

埋める金額が10000ベル以下の場合は、埋めた金額と同額のベル袋が木になります。

しかし、10001ベル以上の場合は、3分の2程度の確率で10000ベルになってしまいます。埋めれる最高金額は99000ベルですが、多くの場合で10000ベル×3で30000ベルになり、99000-30000=69000ベルの損失が生まれます。99000ベルの木を作るギャンブル要素も楽しいと思いますが、毎日のことなので安定を求めた方がいいでしょう。

おカネを取ったら普通の木になる

おカネのなる木からベル袋を回収できるのは、一回だけです。島中おカネのなる木にしたいところでしたが、とても残念です。おカネを回収した後は、木を切り倒すか、移植してしましましょう。

金のスコップは作れない

過去作では、光る地面にスコップを埋めると金のスコップを入手できましたが、今作ではこの方法で金のスコップは入手できません。金のレシピについては別の記事で解説します。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA